子育ていろいろ。

子育ていろいろ。

今日は私が関わっている育児ボランティアのミーティングでした。

託児の手伝いなどではなく、お母さんの話し相手がメインのボランティアです。

保育園などが主体になって活動しており、今全国的に広がりつつある活動になっています。

今日そこで聞いたのが、とても不思議なお母さんのお話です。

私が、子どもが産まれて子育てを始めた頃は、とにかく嬉しくて楽しくて、「まだ言葉なんてわからないよ」と言われるほどよく話しかけていたものです。

おもちゃも、これをあげたら喜ぶかしら、なんて思ったらいろいろ出してあげたくて仕方なかったのですが、そのお母さんは私とは真逆。

子どもが泣いてもじっと見ているだけ、抱っこすることもあまりない、おもちゃも、一度与えて気に入らなかったらもうそれは与えない、といった感じなんだそう。

私からしたら本当にありえない、と思う行動なのですが、それが常で、何かしてみませんか、と提案しても、自分がこれはしたい、これはしたくない、という考え方をしっかり持ちすぎているようで、例えば子どもも楽しいだろうし、お外に出てみませんか、と誘っても、本人が部屋の中にいるのが好きなようで動かないであるとかです。

私は実際そういう風に自分がいいように、思うとおりにしていて子どもを病気にしてしまった人を知っているのでとても気になりました。

この子はミルク以外はいらないの、と誰の言葉も聞かなくてひどい栄養失調にしてしまい、子どもが危うく亡くなるところだったのです。

やっぱり怖いですよね。

このお母さんも、ちょっとその予備軍の様な気がしてなりません。

どんな状況であれ、一番迷惑をこうむるのは子どもなんです。

大人の思うように子どもは育ちません、そこを早くわかってくれるといいけど、と思います。

レクサスLSレクサスHS

吸入器でできる水のひげ。

この頃、ず~っと鼻が詰まっているわが息子。

どうも花粉やら何やらにやられている様子。

元々アレルギー性鼻炎があると言われているので、仕方ないかもしれません。

耳鼻科に通わせたいのですが、この田舎には耳鼻科はたったの1件。

しかも1件しかないため、その病院が結構な殿様商売のようなのです。

そんなところにはどうしても行きたくないのが心情ですよねぇ。

そのため、思い切って吸入器を購入することにしました。

以前耳鼻科に通っていた時に、吸入器を使っていたのを思い出したからです。

実際息子にどうだったのかと聞いてみれば、確かに鼻通りはよくなっていた、とのこと。

そして欲しいかどうかを確認すると、ある方が嬉しいと言います。

吸入器があれば、風邪でのどを痛めたり、鼻が詰まったりしたときにも便利だと思い、ネットで検索をしました。

ネットで、送料無料のところを探し、さらに一番安い、しかもいい口コミが多い所を探して注文しちゃいました。

本来なら耳鼻科に通うのが一番なのでしょうが、これがあれば多少はましになるはずです。

習い事や遊ぶのに頑張りたいわが息子の願い、少しは叶えてあげたいじゃないですか。

何度か病院に通うと思えば、安い金額でございました。

届くまでは少し時間がかかりますが、おとなしく待っています。

生理食塩水が作れるとかなんとか書いてあります。

水でむせる人は生理食塩水で吸入をするとよいのだそうです、初めて知りました(笑)

そういえば、息子がまだ小さかったころに耳鼻科通いをしたのですが、この吸入をした後はいつも口の周りの産毛に水滴がついて、水のひげが生えていたのを思い出します。

あれからもうずいぶんと経ちますが、久々に水のひげを見ることができるのでしょうか。ちょっと楽しみ。

帰化申請